News & Topics

輪島塗蔵出しセール開催のご案内

日本の漆器を代表する輪島塗の半端になってしまった商品、少々傷あり商品をお安くご提 […]

【日本茶ワークショップ 開催のお知らせ】

11月21日(土)に日本茶のワークショップを開催いたします! 日本茶をより深く知 […]

【12月特別販売会のお知らせ】

12月7日(月)~10日(木)、12月24日(木)~29日(火)に特別販売会を実 […]

ニュースをすべて表示

ご あ い さ つ

創業一百年。
私共は 一世紀という時を経ても変わらない魅力ある伝統の価値をご提供し続けていくために、
これからも留まる事のない革新と挑戦することで、お客様の信頼と期待に応えて参ります。
夢と誇りと感謝を胸に次の一百年に向かって大きく羽ばたける様に努力する所存でございます。
私共の創業者である武藤三郎は12歳で単身上京して漆器店に丁稚として修行を始めました。
そして22歳になった大正12年には日本橋茅場町にあった薬屋の間口一間程の小さな場所を借りて漆器専門の卸売販売店を起業いたしました。
昭和2年11月1日には、日本橋小舟町で「漆器問屋 武藤三郎商店」を創業し、昭和6年に現在の所在地である日本橋本町に移転しています。
創業の時から白木屋(旧東急百貨店日本橋店)と取引を始めてから 百貨店を中心に事業規模を緩やかに拡張して参りました。
創業者武藤三郎からは、一つの地域に一つの百貨店との取引を原則とし、
物の無い時代でもあることから既存の御得意先様への商品供給を第一と考えていたと聞いています。
創業者の心得として経済的・合理的な目先の利益よりも仕入れ産地を大切にすることを信念とし、
既存の御得意先様である百貨店との信用を何よりも大切にしていました。
事業内容は時勢に沿って変遷していきますが、この創業者の心得をこれからも踏襲していくことが
私共の存在意義であると思っております。

Information

会社概要

代表者 武藤 豊 の略歴…

沿革

創業一百年一世紀という時…

経営哲学

和の伝統・食文化を通して…

事業概要

お客様に絶えず新鮮な価値…